2015/12/29

ドリームキャストエミュレータ Reicast 【使い方】


ドリームキャストエミュレータ「Reicast
無料アプリで、しかも完成度が高いドリームキャストエミュレータとして人気のアプリです。
今回は「GPD XD」で使用した際の使用感・設定を中心に解説していこうと思います。



マルチエミュレータの「Reicast」を手に入れましょう。(無料アプリ)
※リンクはGoogle Playのものです。
Ⅰ.Reicast


「Reicast」を起動すると、下画像の画面が表示されます。
画像赤枠部分をタッチします。

タッチで選択すると各種設定項目画面が表示されます。
Paths」、「Input」の設定を行います。


Paths」の設定方法について
設定画面を開くと「System Path」、「Storage Path」の保管場所を設定する画面が表示されます。
System Path・・・BIOSファイル(dc_boot.bin、dc_flash.bin)の保管場所を設定
Storage Path・・・ドリームキャストのROMイメージの保管場所を設定

BIOSファイル(dc_boot.bin、dc_flash.bin)については、ドリームキャスト実機より用意する必要があります。(グーグル検索しても簡単に見つかるようですが・・・(リンク先))
しかし、「GPD XD」の場合には初期エミュレータとして標準搭載されているので、上画面で設定した場所に保管されています。(GPD XD機器により個体差があるかもしれません)

「Reicast」では、ROMイメージ「.gdi」「.chd」「.cdi」の3種類をサポートしています。
「.cdi」を利用する場合には、「trach01.bin、track02.raw、track03.bin」等のファイルも必要となります。(一つのフォルダに全てまとめて保存しておけば良い)
※上画像のStorage PathはMicroSDカード直下を表示していますので、自身の任意の保管場所を設定してください。


Input」の設定方法について
この設定項目では、コントローラ、マイクの設定を行います。
・MicroPhone plugged into port2・・・マイク(音声入力)を使用可能にします。
・Controller A・・・コントローラの認識、設定を行います。
マイクを使用するゲームとしては、「シーマン〜禁断のペット〜」が有名ですが、遊ぶ際にはONにしておきましょう。(特に不具合は無いと思うので、常に「ON」で良いと思います)

「Controller A」の右端の「Select」を表示されると、ダイヤログが表示されます。
「GPD XD」で利用する場合には「Aボタン」を一度押下すると下画像のように認識されます。

再度、「Select」を表示→ダイヤログ表示の「Manual」を選択すると下画像の画面が表示されます。
各種ボタン右端の「Select」をタッチ→実機のボタンを押下を繰り返しコントラーラボタンの割当を行います。
※割当ボタンの設定を利用したい場合には、「Enable Custom Key Layout」 を必ずONにしましょう。


最後の設定として、「Boot Reamcast Bion」を設定ます。

「Paths」の設定画面で、「System Path」が正常に設定していれば下画像の画面表示となります。
※時刻を設定した後の画面になります。
「File」を開き、ビジュアルメモリを初期化(Delete all(memory reset))します。
ROMイメージを選択して、ゲームを起動することができます。


「Reicast」の使用感としては、ほとんどのゲームソフトがストレス無く遊ぶことが可能でした。
マイクを使用するゲームソフト「シーマン〜禁断のペット〜」も問題なく遊ぶことができます。
 
一部のゲームでは、ROMイメージ選択後にホワイトスクリーン画面が表示され数分後にゲーム画面が表示されるというゲームソフトも存在しています。
(ホワイトスクリーン画面時にボタンを押下すると強制終了となるので注意)

「GPD XD」では標準エミュレータとして搭載されていますが、標準搭載されたエミュレータのバージョンアップがファームウェアのバージョンアップ時のみになっています。そう考えると、「Reicast」を導入しておいた方がゲームソフト起動時の不具合等が改善されたバージョンが早くに使えるので良いのかもしれませんね。

GPD XD関連の記事のもくじはこちらです。(リンク先


ドリームキャスト本体
ドリームキャスト本体
posted with amazlet at 15.12.29
セガ (1999-01-01)
売り上げランキング: 1,391

0 件のコメント:

コメントを投稿